~もずくを利用して「サンゴ基金」に参加しよう 4月よりスタート!~

~もずくを利用して「サンゴ基金」に参加しよう 4月よりスタート~

コープ北陸事業連合(福井県民生協・コープいしかわ・富山県生協)の3生協と恩納村、もずくでおなじみの井ゲタ竹内、恩納村漁協の代表者により、「環境保全型・循環型漁業推進の取り組み協定」と「サンゴ養殖と植え付け支援への寄付金覚書」を締結しました。今回の協定により、福井県民生協はCOOP味付もずくの利用代金の一部を寄付に充て、恩納村のサンゴ植樹を支援していきます。

image-2

COOP味付けもずくの主要原料産地である恩納村は、沖縄島北部西海岸に位置し、遠浅でサンゴ礁が広がるきれいな海水と安定した水温、豊富な太陽の光で良質なもずくが育っています。しかし今この貴重なサンゴ礁が地球温暖化等で世界的に減少している危険な状況です。「サンゴ植え付け活動」は、沖縄県の恩納村漁協が取り組むサンゴ礁保全等生命の源である海を守り育てることを目的としています。

image-3

コープの宅配では4月1回企画より、店舗では4月より「もずく基金」が始まります!商品を利用することで環境保全の活動につながります!みなさんもぜひご利用下さい!

mozuku