リサイクル施設「エコセンター」が誕生(6/27竣工式実施)

 ~組合員と地域のリサイクル拠点「エコセンター」が誕生~

 

福井県民生協では、環境への取り組みを重要な社会的責任の一つとして位置付け、組合員や地域の皆さんと共に持続可能な循環型社会の実現を目指しています。

今回、坂井市丸岡町に古紙・プラスチックのリサイクルの拠点として「エコセンター」を設立し、資源物の有効活用と更なる環境活動の推進につなげていきます。

 

oogataassyukuki

ekosennta1

 

 

 

 

 

 

【エコセンターとは?】

組合員や事業所から回収した資源(紙やプラスチック)をエコセンターに集約し、品質の高いリサイクルの一次加工(圧縮・減容処理)を行う施設です。業務はA型雇用事業所ほのぼのハーツにて行い、障がい者の雇用拡大・就労支援にもお役立ちしてまいります。

所在地:坂井市丸岡町小黒74番地2番地1
建物面積:520㎡(157坪)
施設機能:紙類大型圧縮機、プラ類減溶機、小型圧縮機、フォークリフト、フロアスケール

 

6/27(土)に行われた竣工式では、県民せいきょうの竹生理事長、松宮専務理事、福井県障害福祉課の森本様、福井県循環社会推進課の箕輪様よりご挨拶をいただきました。

rijityou1

竹生理事長

 

morimotosama1

福井県障害福祉課 森本様

minowa1

福井県循環社会推進課 箕輪様

matumiya1

松宮専務理事

竹生理事長からは、エコセンター設置の3つの意義として「①3R活動のさらなる前進、②障がい者の雇用拡大と就労支援、③地域の環境教育の拠点としての活用」についてお話をいただき、「地域社会への貢献として様々なかたちでお役立ちにつなげていきたい」とお言葉をいただきました。

ketuihyoumei

ほのぼのハーツ職員 決意表明

事業紹介の後には、業務を担当するほのぼのハーツ職員による決意表明がありました。

【一般社団法人ほのぼのハーツ】

障がい者福祉サービス事業所(就労継続支援A型)として2012年7月より県民生協の事業所で仕事をしています。

 

 

竣工式の最後には大型重機のデモンストレーションが行われました。

demo1  demo2

assyukutirasi  pura

エコセンターでは、リサイクルの現場を知ってもらうために、7月以降は見学も受け付けています。

お問合せ・見学申込は、生協コールセンター 0120-016-165 まで

<関連サイト>

・3R推進活動

・県民せいきょうのリサイクルの取り組み

 

コープの宅配で新聞紙・折込チラシの回収サービス開始(登録制)

エコセンターの稼動に合わせ、コープの宅配の配送時に、新聞紙・新聞折込チラシの回収サービスを開始します(登録制)。6月29日から坂井・奥越・福井エリアで実施し、10月からは県下全域で実施予定です。

限りある資源を有効活用し、未来の子供たちの環境を守るため、ご参加・ご協力を、よろしくお願いします。

ekotirasi

新聞紙・新聞折込チラシの回収についてはこちらをクリック