生協農場便り①「サツマイモ・キャベツ・じゃがいも」の栽培開始

県民せいきょうでは、農産物の地産地消推進と安全安心な食料確保のために、2016年度の農業法人設立を目指しています。農業生産を通じて地産地消と福井県の耕作放棄地の解消につなげ、県内農業の活性化による福井の元気づくりに貢献していきます。

 2015年6月より敦賀市沓見地区で農業生産をスタートさせ、これまでに「サツマイモ・キャベツ・じゃがいも」の定植を行いました。9月には白菜・大根の栽培も予定しています。さらに敦賀市東浦地区では、地元みかん農家からの作業受託を受け「東浦みかん」の栽培もはじめました。

収穫予定は「10月よりサツマイモ」「11月~12月にかけてキャベツ・じゃがいも」となっています。収穫後はハーツで販売を予定しています!

satumaimo

6月に植えたサツマイモ
順調に生育しています(10月収穫予定)

kyabetuteisyoku

8月7日キャベツ定植(11~12月収穫予定)

jyagaimoteisyoku

じゃがいも定植(11~12月収穫予定)

higasiuramikan

東浦みかん

syokuinn

農業担当 木村さん(右)
営農指導アドバイザー 浅野さん(左)