越前町と締結「地域見守り活動に関する協定」

1月5日、越前町との「地域見守り活動に関する協定」の調印式が行われ、県民せいきょうを含む10事業所と協定を結びました。この協定により、高齢者や子どもなどの緊急時には、町と事業所が連携してより迅速な対応ができるようにしていきます。

 
内藤町長より「越前町でも少子高齢化が進み今後も増加する事が予想される。地域の見守り活動は、ますます重要となり、今回の締結を機に、沢山の方の協力を受け、地域の見守りが強化され、安全な町作りになる事を期待したい。」と歓迎のお言葉をいただきました。
 
事業者を代表して、竹生理事長より「越前町では1人暮らしの方も多く高齢化率は30%を超えている。協定事業者と共に、地域の見守り活動をすすめるなかで、安心できる町づくりに協力していきたい。実際、生協の宅配サービスでも配達に伺ったら自宅の裏で倒れていたという事例もあった。少しでも気がかりなことを発見できる事で地域の安心につながると思う。」とあいさつさせていただきました。
 
 
県民せいきょうでは、コープの宅配や生活支援事業(食事宅配・移動店舗)、店舗や福祉事業などで見守り活動に取り組んでいきます。
 
 
今回の協定で、県内自治体との地域見守り協定は8市2町(あわら市、福井市、勝山市、大野市、鯖江市、越前市、敦賀市、小浜市、越前町、若狭町)、10自治体となりました。
 
IMGP5154 IMGP5174