坂井市と「地域見守り活動協力に関する協定」を締結

 5月24日、坂井市との間で「坂井市地域見守り活動に関する協定」を締結致しました。
竹生理事長、広辻理事、五島地区委員、本田地区委員、小林地区委員同席のもと、坂井市役所にて協定書の調印式が行われました。
これまでに地域見守りに関しては、坂井市との間では、SOSネットワークに関する協定が締結されておりますが、対象者は、事前登録をされている方に限られておりました。
 今回改めて締結された協定は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるまちづくりをめざす内容となっており、包括的な見守り活動協力をしていく内容となっております。
 またコープの宅配や移動店舗ハーツ便、食事宅配、介護事業など日々の業務の中で、利用者の異変を感じたり、地域でお困りの方がいらっしゃった場合には、速やかに関係機関に連絡をすることで、地域のみなさんが安心して暮らしていけるまちづくりに協力していきます。

 今回の協定締結におきまして、県民せいきょうと県内自治体との地域見守り協定は、9市4町(坂井市、あわら市、福井市、勝山市、大野市、鯖江市、越前市、敦賀市、小浜市、越前町、南越前町、若狭町、おおい町)の13自治体となりました。

170526_kyotei1

170526_kyotei2

写真右 坂井市 坂本憲男市長 
写真左 県民せいきょう 竹生正人理事長