永平寺町と「地域見守り活動協力に関する協定」を締結

 7月18日、永平寺町役場において、永平寺町と「地域見守り活動協力に関する協定」を締結しました。
 竹生理事長は、「県民せいきょうでは認知症サポーターの養成にも力を入れ、事業や組合員組織を最大限に生かしながら高齢者や障がい者、子どもたちが安心して地域でくらし続けられるよう積極的に協力していきたいと考えています」と述べました。
 河合町長からは、「人口の3人に1人が高齢者という時代が目前に迫り、認知症高齢者も増加傾向にある中、生協の協力でよりバックアップ体制が強化されたことを嬉しく思う」とご挨拶をいただきました。
 今回の協定締結により、県内自治体との地域見守り協定は、9市7町(坂井市・あわら市・福井市・大野市・勝山市・鯖江市・越前市・敦賀市・小浜市・永平寺町・越前町・南越前町・美浜町・若狭町・おおい町・高浜町)16自治体となりました。

20180901_kyoutei