私たちのお買物で変えられる未来 エシカル消費

私たちのお買物で変えられる未来 エシカル消費

エシカル消費とは、買物をする時に自分視点だけでなく、環境や社会など他者への視点をプラスする消費のことです。
生協ではこれを「誰かの笑顔につながるお買物」と表現し「地域」「環境」「社会」「人々」の4つの視点で進めています。

SDGs 県民せいきょうの取り組み

詳しくはこちら
QRコード

1 豊かな地域を作り出せたら

2 地球の環境を守り続けることができたら

3 公正な社会の仕組みが作り出せたら

4 人々の「生きる」を支えることができたら

2019年度は、「海」「森」「プラスチック」の3つを重点に置いて、商品を通し組合員のみなさんと一緒に持続可能な社会の実現をめざしていきます。

海の資源を守る

漁期や漁獲量などを制限し、水産資源を守ります。

MSC認証の仕組み

MSC認証 持続可能で適切に管理された漁業で獲られた水産物につけられる認証ラベルです。


森の資源を守る

違法な伐採を防ぎ、森林資源の保全を進めます。

FSC®認証の仕組み

FSC®認証 適切に管理された森林資源で作られた商品につけられる認証マークです。


プラスチック問題とコープ商品の取り組み

プラスチック使用の削減や環境にやさしい原料に置き換えることで、石油消費量の低減を図ります。

コープ商品がプラスチック包材の環境対応でめざすこと 環境負荷を減らす取り組みとして、包材について、以下の4つの視点による検討を進めます。

リデュース リユース

リサイクル バイオマス

ハーツわかさではレジ袋の無償配布中止に向けて取り組みを行っています

日常のお買物に「エシカル」な視点をプラスすると…

消費者として / 事業者として 提供者として

未来へ続く世界の実現のために私たち生協は、エシカル消費にこれからも積極的に取り組んでいきます