2019年度 秋の地区総代会議報告

2019年度 秋の地区総代会議報告

県民せいきょうでは、事業と活動に組合員のみなさんのご意見を反映していくために、5月と11月の年に2回、エリアごとに地区総代会議を開催しています。

総代とは

秋の地区総代会議

上期のまとめと下期の重点課題についての報告(抜粋)

10月からの消費増税対応に向けてトラブルのないように、システム改修やお取引先への案内、各種メンテナンスを行いました。また、増税前の駆け込み需要への対策、宅配・店舗でのキャッシュレス・消費者還元事業への対応など、組合員の家計応援に取り組みました。
12月27日(金)の引落分(11月18日(月)~12月13日(金)お届け分)より宅配でもクレジット決済が可能となったことを受けて、今後も引き続き組合員への案内を進めます。

9月11日(水)に「社会福祉法人 きらめき福祉会」を設立しました。特別養護老人ホーム、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型グループホームのサービスを提供する「きらめきの里鯖江」の2020年秋のオープンに向けて準備を進めます。

組合員やお取引先にも協力いただき、「フードドライブ」・「フードバンク」・「子ども食堂」への食料支援に取り組みました。また、プラスチックゴミの削減に向けて、ハーツ全店でこれまで無料提供してきたお弁当袋や温かいお惣菜を入れる中袋を廃止しました(ハーツわかさ除く)。
ハーツわかさでは、2020年春のレジ袋有料化に向けて、地域全体で買物袋持参率が高まるように積極的に取り組みを進めます。


分散会で出された意見

総代のみなさんと役職員がグループに分かれて、意見交換をしました。宅配やハーツでの対応、商品・サービスのことなどについて、約360件のご意見・ご要望をいただきました。
また分散会に出席できなかった方や、言い足りなかったことなどは総代アンケートにてご提出いただき、こちらでも約260件のご意見・ご要望をいただきました。

意 見
宅配の利用でもキャッシュレス・消費者還元事業になるのは嬉しいです。クレジットカード決済が可能になりますが、キャッシュレス・消費者還元事業が終了する2020年6月以後も、クレジットカード決済はできるのですか。
分散会での
回答
政府が実施を予定している2020年6月までの期間限定の取り組みを原則とします。それ以降については、今後のカード決済のご利用状況や組合員のご意見を踏まえて検討していきます。
意 見
社会福祉施設が鯖江エリアにできますが、全域でのサービス充実を考えると、奥越で展開することはできないでしょうか。
分散会での
回答
介護施設の整備については、各市町が3年ごとに整備計画を立てています。今回、鯖江市で施設整備計画があり、事業者公募があったため生協として申し込みをし、開設の認可を受けました。奥越や他の市町でも施設整備計画があり、公募されるようであれば、社会福祉法人としてチャレンジしていきます。

きらめき福祉会への寄付ならびに運営協力をお願いします

社会福祉法人 きらめき福祉会は、地域のみなさんが日常生活で感じている不安や悩みを見逃さず、大切に受け止め、そこから新たな福祉サービスをつくり出していきます。誰もがもつ「自分らしく生活したい」をぜひとも応援してください!みなさんからお寄せいただくメッセージや寄付が、人と人をつなぎ、その想いをつむぐことで福井県の未来を育むことができます。

たくさんのメッセージが届いています

互助で支えあうのが生協だと思って、未来の自分たちも助けてもらえるよう今は助ける側として寄付させていただきます。

きらめき福祉会が組合員や地域の人にとってよりよい場所になるように、その力に少しでもなれたらと思います。

気持ちしか寄付できませんが、こんなのが「ちりつも」で集まって、たくさんの寄付金が集まりますように

寄付のお申し込みについて

1口500円からの受付です

コープの宅配注文用紙にて(eフレンズ可)

注文番号 113158

注文番号欄に113158を、注文数欄に口数をご記入ください。

【記入例】3口1,500円の場合

ハーツサービスカウンターやきらめき各事業所にて

指定口座への振込

専用封筒や振込用紙をご用意しております。スタッフにお声かけください。