大野市と県民せいきょう 大野きらめきが「災害発生時における福祉避難所設置運営に関する協定」を締結しました

災害時に、一般的な指定避難所(学校の体育館など)での滞在が困難な方に対して、バリアフリー環境が整っている介護福祉施設を福祉避難所として設置運営する協定を大野市と大野きらめきの間で締結しました。
災害発生時に大野市が大野きらめきを指定避難所とした際には、施設や設備を提供し、高齢者など要配慮者が日常的に支障なく避難所生活を送ることができるようサポートいたします。今後も大野きらめきが介護施設の役割に加え、地域の拠点としてお役立ちできるよう、日常の連携を強めていきます。

img_agreement_oono202005

▲ 2020年3月30日(月)大野市役所にて
(左)奥越地区組合員代表 前田 美恵さん、(中)理事長 竹生 正人、(右)大野市 石山 志保市長