第15回(2020年度)市民活動助成団体を決定しました

第15回(2020年度)市民活動助成団体を決定しました

県民せいきょうでは、食や環境・福祉・子育てなど、地域の課題に取り組むNPOや市民団体と連携して、より良い地域社会づくりに取り組んでいます。
2006年から14年間で、のべ193団体に助成を行ってきました。
2020年度は、社会貢献基金運営委員会による審議、理事会承認を経て、12団体に対して、総額80万円の助成を行いました。

助成団体一覧

助成団体を紹介します

焼畑でそば作り交流会

現在でも焼畑農法が行われている福井市上味見河内山中で、焼畑でのそば栽培を行い、地域の人たちを招いた収穫祭では、石臼での挽きたて打ちたてのそばを楽しんでもらっています。同じ種(南宮地在来種)で河内の平地で栽培したそばとの食べ比べでは、味も匂いも違い焼畑そばは美味しいという人が多く、科学的な成分検査でも成分の違いが証明されました。1月には、ハーツ羽水組合員集会室でも収穫祭を行い、焼畑と平地そばの食べ比べをしました。

焼畑でそば作り交流会


若狭・認知症リンクワーカー 樹の輪

若狭・認知症リンクワーカー 樹の輪美浜町・旧三方町を中心に敦賀から小浜までの若狭の地域で、地域住民、認知症家族、福祉・医療事業所専門職など多様な人が集まり、一緒に認知症について学びました。フレイル、音楽療法、成年後見制度、介護保険制度、若年性認知症、スコットランドの認知症診断後支援制度など学びは幅広いです。
生協職員の方を講師に招き、学習会を開催したり、県民せいきょう主催VR認知症研修へも参加しました。


アトピーっ子 スクスクの会

アトピーっ子 スクスクの会アトピー治療を行うお子さんや支えるご家族のために活動しています。特に、ステロイド治療が合わずに、非ステロイド、脱ステロイド治療をされている方を応援しています。
近隣には、診察できる専門医も少なく、悩み、引きこもりがちになるご家族が多いため、交流会や専門医を招いての勉強会も開催しています。気軽に寄ってもらえるような会をめざし、心がけています。