ハーツ フードドライブ実施報告

福井県民生協では、「組合員の満足と地域社会のために」の理念のもと、この間フードバンクや子ども食堂への支援に取り組んできました。

SDGsの視点にある「誰ひとり取り残さない」社会の実現をめざして、10月ハーツ全店舗にて、初めて「フードドライブ」に取り組み、組合員・地域の皆さんから多くの食材をご提供いただきました。

※フードドライブとは、家庭で余っている食べきれない食品を持ち寄り、福祉団体・施設などを通じて、必要としている人に提供する活動です。家庭の食品ロス削減にもつながるります。

 fooddoraibu-shihiguthi fooddoraibu-gakuen

 

※フードドライブとは、家庭で余っている食べきれない食品を持ち寄り、福祉団体・施設などを通じて、必要としている人に提供する活動です。家庭の食品ロス削減にもつながるります。

実施時期 回収店舗 回収点数 提供先

10月12日(土)~

14日(月・祝)の3日間

(ハーツつるがのみ

12・13日の2日間)

ハーツはるえ・学園・

志比口・羽水・神中・

さばえ・たけふ・

つるが・三方五湖・

わかさ 10店舗

1,743点

 

お米485kg

各ハーツの地域の

社会福祉協議会

自立支援センター

子ども食堂

「余っていたのでよい機会だった」と、玄米30キロ袋ごとご持参いただく方や、店内で知り、「非常に良い取り組み。生協らしい」と翌日お持ちいただく方もおられました。ご持参いただきました組合員、地域の皆様に、改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

fooddoraibu-sabae fooddoraibu-wakasa

こうした取り組みが地域に広がり、より良い地域社会づくりにつながるよう、引き続きフードドライブの取り組みを継続してまいります。次回は来年2020年3月の実施予定です。

food-tapesutori