認知症フォーラム「認知症フレンドリー社会in福井」を開催しました

認知症フォーラム「認知症フレンドリー社会 in 福井」を開催 9月8日(日) 県民せいきょう 本部センターにて(参加者 約300人)

【特別座談会】(左から)徳田 雄人様、猿渡 進平様(医療法人静光園 白川病院 医療連携室長)、丹野 智文様、竹内 裕様、蓬莱谷 修久(当生協 福祉事業部)

 当日は、NPO法人 認知症フレンドシップクラブ 理事 徳田 雄人様による基調講演「認知症フレンドリー社会とは」に続き、福井県を中心に認知症フレンドリー社会に賛同し取り組まれている企業【事例報告】福井トヨタ自動車株式会社 北村様(福井トヨタ自動車株式会社、えちぜん鉄道株式会社、株式会社DFCパートナーズ、当生協ハーツ)による事例報告、認知症当事者お二人を含む特別座談会を開きました。
 認知症を「ジブンゴト」として捉え、誰もが住みやすい社会へ向けた地域づくりを進めていく足がかりとなりました。県民せいきょうは、これからもみなさまと共に歩み続けます。