すくすく子育てQ&A 女性の検診について

すくすく子育てQ&A

日頃、ハーツきっずを利用してくださっているみなさんからのご質問に対して、専門家や子育てマイスターさんから資格や経験を生かしたアドバイスをいただいています。
情報誌「がんばらにゃ」で掲載しています。
子育ての参考にしてくださいね。

今回のテーマ 女性の検診について

Q授乳中ですが、マンモグラフィーの検査を受けられますか。

A

 まず、母乳に放射線撮影の影響が出ることはないので、撮影は可能です。
しかし、授乳中は乳腺が発達した状態になっているため、圧迫した時に痛みを生じたり、母乳があふれ出たりします。また、画像全体が白く写ってしまうため正確な診断が困難になります。

女性の検診について

 乳がん検診として受けるのであれば、卒乳後の検診がよいと思います。授乳中にできるしこりの多くは母乳が溜まってできたもので、乳がんのしこりとは違うものです。しかしながら、数は少ないですが、授乳中でも乳がんを発症することがあります。授乳中でもしこりの有無をチェックし、しこりのある場合は、その状態や変化を確認してください。また、母乳を飲ませても、しこりが小さくならず、いつまでも残っている、乳房が不自然にひきつれたり、へこんだりしている場合は、早めに乳腺外来を受診してください。

助産師 岩本 眞弓さん

岩本 眞弓さん

助産師歴34年目。坂井市三国町で母乳ケア「ベビーズブレス」を開業。訪問出張にて乳房マッサージを中心に母乳相談や育児相談などを行っています。また、地域活動として、市町の依頼を受け、赤ちゃん訪問を実施しています。
お問い合わせ先 TEL:0776-82-0226(母乳ケア ベビーズブレス)