小児誤飲①~誤飲の危険性~

すくすく情報

子育てに関する不安や悩みに、専門家や子育てマイスターさんから資格や経験を生かしたアドバイスをいただき、
情報誌「がんばらにゃ」で掲載しています。
子育ての参考にしてくださいね。

今回のテーマ 小児誤飲①~誤飲の危険性~

救急専門医の山中磨磯さんに教えていただきました。

 小児誤飲の40%(※1)は目撃がなく、また小児誤飲の80%(※2)は3歳以下です。子どもの気管は、1歳未満で直径0.5cm、5歳前後で0.7cm程と細く、3.9cm以内の物は、口に入れる可能性があります。そのため異物が気道を塞ぐと容易に窒息してしまいます。
 誤飲で多いのは、おもちゃです。症状は、突然の咳、呼吸困難、喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーする異常な呼吸音)があり、呼吸不全が進行すると皮膚の色が青紫色に変化してきます。
 わが家の長女は、3歳の時に凍ったカットマンゴーで、また次女はお肉を飲み込む時に、ひやっとする場面がありました。以来肝に命じて、ミニトマトなど窒息しやすそうな食品はカットをするように心がけています。
 救急医としては、スーパーボールを口に入れてしまい、窒息したという事例に何件か遭遇しています。口にすっぽり入れてしまえそうなおもちゃは、窒息しうるという認識を持ち、親御さんに適切に管理をしていただけたらと思います。

(※1)出典元 Emerg Med clin N Am 29(2011)369‐400
(※2)出典元 東京消防庁「救急搬送データ」(2012‐2016年)

救急専門医 山中 磨磯さん

救急専門医 山中 磨磯さん

公立丹南病院 救急専門医。小学2年生、年長、年少、2歳児、0歳児の5人を子育て中です。母親目線で、医療情報をわかりやすくお届けできれば嬉しいです。