若狭 志積海岸でプラゴミ学習

11/16 宅配委員会は、継続してゴミ問題を学習しています。今回は志積海岸(小浜市内外海)において、「アノミアーナ」代表 西野さんと、フィールドワークで学習しました。当日は、天候に恵まれ、青い空と穏やかな海の素晴らしいロケーションに、うっとり。しかし、そのロケーションとは裏腹に、海岸に目をやると、なんとゴミの多いこと! 早速、西野さんの指導のもと、ゴミ収集から。30分で集められたゴミは、30kg! 

DSC_0072 DSC_0078

集められたゴミを分類し、ゴミの種類やどこから漂着しているかなどを調べました。プラ・漁具・缶・瓶などさまざまなゴミが見られました。プラ製品は粉砕されてたくさんのゴミとなっています。ニュースなどで目にする海のゴミ問題を現実として、痛感させられました。

HORIZON_0001_BURST20201116101618494_COVER DSC_0082 

その後、「レストラン内外海」の宿泊施設のロビーをお借りして、西野さんより、小浜市のゴミ問題への取組みや海岸の状況等、とてもわかり易く説明をしていただきました。また、漂着プラごみ再生に取り組まれている「アノミアーナ」の活動についてもお聞きし、委員の皆さんも、脱プラ・ゴミ削減への取組みについてまた、自分が今できることを改めて考える大変良い機会となりました。

DSC_0092 DSC_0091

車から眺めていた素晴らしいロケーションの海岸ですが、それを日々守る地元の皆様がおられることを思うと、わずかな力でも今私たちができることに、積極的に取り組んでいかなければといけないとつくづく感じました。