活動紹介 (全101件: 31〜35件表示)

福井県生協連合会の活動を紹介します。

福井県立大学で出前講義 ―『食の安全とくらしの安心で、地域へのお役立ち』テーマにー

7月24日(月)、福井県立大学において出前講義を行いました。

これは、福井県立大学経済学部 北川太一教授の講義のゲストスピーカーとして招かれて、3年生の学生を対象にした講義です。今回で、国際協同組合年(2012年)から数えて6年目となりました。

「協同組合って?」「生協って?」の説明の後、生協が組合員のくらしだけでなく地域や社会、地球環境をよりよくするために地域や職場、学校などで事業・活動していることを、パワーポイントを活用して理解を深めていただきました。

メインは、福井大学生協 磯崎専務理事による「大学生協って?」の講義です。福井大学生協の使命や行っている事業や活動、学生が主体的に企画参加したり体験できる企画などを紹介し、「福井県立大学でも、ぜひ大学生協設立にチャレンジしてみてください。福井大学生協が全面的にサポートします!」とエールを送りました。学生さんからは活発に質問も出され、関心の高さが伺われました。

170724福井県立大学出前講義 磯崎専務理事(福井大学生協)

役職員学習会・講演会「JETS物語」のご報告

7月8日(土)福井県国際交流会館にて、福井商業高等学校 チアリーダー部顧問 五十嵐 裕子 先生を講師にお迎えして、講演会「普通の子が『世界』に羽ばたくJETS物語~こどもの可能性~」を開催いたしました。

当日は、ご聴講の皆さんへの素晴らしいプレゼント!JETSメンバーによる見事なチアダンスもありました。

「夢に限界を持たせない。」「自分に限界を作らない。」「行動すれば何かが起こる。」「頑張ることを目標にするのではなく、ゴールに到達することをイメージして頑張って欲しい。」など、心に響く多くのメッセージは、日々のくらしの中にキラリと光る道しるべになることでしょう。

楽しい時間であるとともに、学びの多い講演会となりました。五十嵐裕子先生、JETSメンバーの皆様、本当にありがとうございました。

170708総会&講演会 050170708総会&講演会 066

 

 

いきいき消費者フォーラム2017 に参加しました

―「行動しよう 消費者の未来へ」をテーマにー

5月20日(土)に福井市のアオッサで開催された「いきいき消費者フォーラムin2017」(消費者総合フォーラム交流展実行委員会主催)で、福井県生協連合会は毎年大好評の花ポットを販売しました。売上金は毎年、東日本大震災復興支援として募金しています。

また、椙山女学園の東珠実教授による『消費者力を高めよう~自分のため、地域のため、社会のため~』と題した講演会が開催されました。「消費者市民社会の担い手に求められる消費者力」として、①持続可能なライフスタイルで地球を守る力 ②円投票(人や地域、社会、環境によりよい商品やサービスを購入(エシカル消費)すること)で市場を変える力 ③他者と連携して地域の問題を解決する力 ④意見を表明して地域や社会の問題を解決する力をあげられ、「私たちの消費行動で、地域や社会は変えられる。消費者として自立するため、地域の多様な主体と連携して消費者力を高めよう」と話されました。

花ポット販売はいつも大人気です

花ポット販売はいつも大人気です

福大健康祭で『シュガーテスト』ブースを出展

12月2日に開催された『福大健康祭』(福井大学生協主催)に、福井県生協連は『シュガーテスト』のブースを出展しました。公益社団法人ふくい・くらしの研究所から講師を派遣していただき、日ごろ飲んでいる清涼飲料水にどれくらい糖分が含まれているか計算してもらい、飲みすぎ注意を促しました。

自分が日ごろ飲んでいる飲料に記載されている表示に基づき、シュガースティックに換算するとどれくらいの糖分をとっているのか計算すると、8本~16本もの糖分が入っていることにどの学生さんたちもびっくり! 酸味料や香料、着色料などでおいしく飲めるからくりに納得の様子でした。

他のブースでは食生活チェック、食生活相談、ストレスチェック、骨密度チェックなど健康に関するさまざまな情報を提供していました。

正しい食生活と適度な運動・睡眠で、健康な学生活を送ってほしいですね。

%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%a2%a8%e6%99%af%e2%91%a0 %e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%a2%a8%e6%99%af%e2%91%a1 %e7%a6%8f%e5%a4%a7%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%a5%ad%e3%80%80%e5%85%a8%e6%99%af

「すこやかふくい2016」で、全労済と一緒に防災・減災を呼びかけました

去る11月26・27日、福井県産業会館において「すこやかふくい2016」が開催され、福井県生協連は全労済と一緒に「防災・減災」に関心を持っていただくブースを出展しました。

「すこやかふくい2016」は子どもたちの健やかな成長をサポートする団体が実行委員会形式で企画しているもので、子育てをサポートする企業等も協賛として参加しており、子育てのための情報や楽しいイベントが満載の2日間です。

全労済と福井県生協連のブースでは、全労済が『ぼうさいクイズ』コーナーを、福井県生協連が『防災グッズ』コーナーを受け持ち、災害への備えを呼びかけました。ブース来場者数は2日間で2600人を超え、多くのファミリーに「いちばんだいじなのは、じぶんのいのちとひとのいのち」(全労済 「ぼうさいえほん」より)を守るための災害の備え方を知っていただくことができました。%e5%85%a8%e5%8a%b4%e6%b8%88%e3%83%bb%e7%9c%8c%e9%80%a3%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%80%e4%ba%ba%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%8a%e7%9c%8c%e9%80%a3%e3%80%80%e9%98%b2%e7%81%bd%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba%e3%80%80%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ab%e8%a6%8b%e5%85%a5%e3%82%8b%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e7%9c%8c%e9%80%a3%e3%80%80%e9%98%b2%e7%81%bd%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba%e3%80%80%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ab%e8%a6%8b%e5%85%a5%e3%82%8b%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f