活動紹介 (全101件: 41〜45件表示)

福井県生協連合会の活動を紹介します。

2015年度生協ボランティア月間 ー今年度収集結果報告ー

今年度の収集結果は、
使用済み切手    3,713g
ベルマーク     2,585枚
書き損じ葉書     89枚
外国コイン   9カ国 36枚  以上です。

書き損じ葉書は、社会福祉法人「げんきの家」にお持ちします。
使用済み切手は、福井県民生協福祉施設「宝永きらめき」に
整理をお願いしました。整理後、ベルマーク・外国コインと一緒に
福井県ボランティアセンターに持ち込み福祉活動に活用していただきます。
今年度はベルマークが昨年度の2倍以上集まりました。
『生協ボランティア月間』にご協力いただき、ありがとうございました。

 

2015年度『生協ボランティア月間』 終了

2月15日にて『生協ボランティア月間』が終了しました。
ご協力いただき、ありがとうございました。

使用済み切手、ベルマーク、書き損じ葉書、外国コインなど、
まだお手元にございましたら、福井県生協連合会までお送りください。

『生協ボランティア月間』は終了しましたが、
年間通して収集活動はおこなっておりますので、
引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

福井大学生協主催「健康祭2015」参加報告

福井県生協連40周年記念事業の一環として福井大学生協主催の「健康祭2015」に参加しました。

12月4日(金)12:30~15:30、福井大学生協食堂 文京キャンパス『味菜』のテラスにて、
「福大健康祭2015」が開催されました。「福大健康祭2015」は、組合員が自分の健康状態を知り、
これから先も健康を維持してもらうために、福井大学生協が実施している催しです。

当連合会は、創立40周年記念事業のひとつとして、福井大学生協およびふくい・くらしの研究所
との共催で 食育ブースに出展しました。大学生を対象とした消費者教育に関する企画です。
その内容は「シュガーテスト~清涼飲料水を調べよう~」でした。

詳しくはこちらをご覧ください。

福井県生協連 創立40周年記念 冬季役職員学習会開催報告

日  時   2015年11月25日(水)15:00~16:30
場  所   福井県教育センター 4F 大ホール
講演テーマ 『日本の生協運動の到達点と未来への展望
         ~地域活動の実践から、課題と役割を探る~』
講 師    浅田 克己 氏 (日本生活協同組合連合会 代表理事会長)

福井県教育センター4F 大ホールにて、
日本生活協同組合連合会 代表理事会長 浅田 克己氏 を講師としてお招きし、
「日本の生協運動の到達点と未来への展望~地域活動の実践から、課題と役割を探る~」
をテーマにご講演をいただきました。
福井県生協連合会役員をはじめ、各会員生協役職員56名の方にご出席いただきました。

詳しくはこちらをご覧ください。

平成27年度「地方消費者グループ・フォーラムin北陸」報告

テーマ: みんなの力で安心な地域づくりを!
日 時: 11月16日(月) 於:福井市 AOSSA 8階県民ホール
主 催: 「北陸ブロック地方消費者グループ・フォーラム」実行委員会 ・消費者庁

地方消費者グループ・フォーラムは、平成22年から地域において消費者問題に
取組む様々な人々が情報や意見の交換を行う「交流の場」として全国8ブロックで
開催されています。今回のフォーラムでは、『みんなの力で安心な地域づくりを!』
をテーマとし、北陸3県の消費者団体や地方行政および消費者庁など国の機関を
含めて38機関・170名の参加者となりました。詳しくはこちらをご覧ください。