福井県民生活協同組合とは

“組合員の願いを寄せ合い、協同の力でよりよいくらしを実現すること”をめざし、共同購入によって物資供給を行う福井県全域を対象とした地域購買生協として1977年に創立しました。

翌1978年に福井県より正式認可を受け、組合員の当生協に寄せる期待と願いに 応えるべく、本格的に生協活動を開始しました。

県民せいきょうは、組合員が力を合わせて、組合員のくらしと健康を守り向上させるため、出資金を持ち寄り、利用・運営する協同の組織です。

理念

組合員の満足と、地域社会のために

理想的な姿

「食と福祉と助け合い」の事業と活動と地域のネットワークによるシナジー効果を発揮し、健康長寿で安全・安心な福井づくりに、組合員と職員、地域との協同の力で高い志を持って挑戦し続ける。

使  命

食の安全とくらしの安心で組合員へのお役立ち

大切にしたい組合員価値

「安全・安心」「参加・参画」「お役立ち」「安定した経営」

経営品質活動

県民せいきょうでは、事業と活動を進めるにあたり、より高い組合員の満足度向上や地域社会へのお役立ちを実現するために、2002年度から「経営品質活動」をスタートしました。

その結果、2003年度・2004年度には連続して福井県経営品質賞「優秀賞」、2005年度には「知事賞」を受賞し、地域から評価いただくとともに、審査に際していただく改善提言に多くの気づきをいただき、継続的に「経営品質向上活動」に取り組みました。

その後、2007年度には「日本経営品質賞」を受賞し、全国的にも評価をいただくことができました。
受賞内容・受賞理由・日本経営品質賞については経営品質協議会ホームページをご覧ください。

また、過去の福井県の受賞につきましては、福井県経営品質協議会ホームページをご覧ください。