きらめき通信 ミニ講座

illust-care情報誌「がんばらにゃ」のきらめき通信でミニ講座を掲載しています。
認知症」「介護予防」「高齢者の食事」について知識を深めませんか?

※掲載内容は発行時点の情報です。

■認知症ミニ講座

65歳を超えると10人に1人、85歳以上で4人に1人が認知症と言われています。
認知症の方が住みなれた地域でその人らしくくらし続けることができるよう
一人ひとりが認知症を正しく理解し、介護する家族・隣近所・地域全体で支えあえる環境をめざしましょう。

テーマ掲載号
No.11認知症でも安心してくらせる地域づくり2016年2月
No.10コミュニケーション2015年12月
No.9失認2015年8月
No.8周辺症状 妄想 その22015年6月
No.7周辺症状 もの盗られ妄想2015年4月
No.6周辺症状 徘徊2015年2月
No.5中核症状 実行機能障害2014年12月
No.4中核症状 理解力・判断力の低下2014年10月
No.3中核症状 見当識障害について2014年8月
No.2中核症状 記憶障害について2014年6月
No.1認知症を知る2014年4月

ページ先頭へ戻る

■介護予防ミニ講座

「介護予防」とは、高齢者が日常生活において介護が必要な状態にならないように、また、介護が必要な方もできる限り身体状況の悪化を防ぎ改善を図ることです。
いつまでも自分らしい生活をおくることができるよう、元気なうちから介護予防をはじめましょう。

テーマ掲載号
No.14『自立支援』にむけて 〜自分の足で歩く〜2017年4月
No.13『自立支援』にむけて 〜椅子から立ち上がる〜2017年1月
No.12『自立支援』にむけて 〜足を床につけて座る〜2016年11月
No.11はじめまして!理学療法士です2016年8月
No.10食生活でロコモ対策2016年4月
No.9ロコモティブシンドローム② 〜ロコトレ(ロコモーショントレーニング)〜2016年1月
No.8ロコモティブシンドローム 〜ロコチェックをしよう〜2015年11月
No.7ロコモティブシンドローム(運動器症候群)2015年7月
No.6地域ですすめる介護予防2015年5月
No.5筋力の低下について2015年3月
No.4自宅でできる寝ながらのストレッチ2015年1月
No.3自宅でできる簡単な介護予防ストレッチ2014年11月
No.2自分で介護予防2014年7月
No.1介護予防を知る2014年5月

ページ先頭へ戻る

■高齢者の食事ミニ講座

高齢になると、食欲低下、噛む力や飲み込む力が弱くなる、味覚の衰えなど身体的機能の変化が、食生活にも影響を与えます。栄養バランスのよい食事、1日3食きちんと食べる習慣に心がけ、いつまでもいきいきと元気に過ごしましょう。

テーマ掲載号
No.4低栄養について2017年3月
No.3高齢者に多い症状【脱水】2016年12月
No.2摂食・咀嚼・嚥下2016年10月
No.1高齢者の食事 2016年7月

ページ先頭へ戻る

■口腔ケアミニ講座

kirameki_yellowberry高齢者がいつまでも「自分らしくいきいきと」くらしていくためには、食べること、栄養をとることが大切です。軽視されがちな口腔ケアですが、高齢者にとっての口腔ケアは、歯周病予防だけでなく感染症や認知症予防にもつながります。口腔機能低下を予防し、元気で楽しい生活を送りましょう。

テーマ掲載号
No.1高齢者の口腔ケア~いつまでも美味しい食事をするために①~2017年5月

ページ先頭へ戻る