職員行動規範

県民せいきょう職員の心得

私たち職員は、「組合員の満足と、地域社会のために」を基本理念とし、組合員、職員、ビジネスパートナー、地域社会に対しあらゆる事業活動を通じてお役立ちすることを、信条とします。そして法律の遵守、行動規範・行動指針の遵守が組合員、職員、ビジネスパートナー、地域社会の満足及び信頼の向上につながるものと認識し、行動します。

行動規範

  1. 組合員・利用者本位

    県民せいきょうの事業は組合員・利用者のための事業です。私たちは生協人として、組合員・利用者の満足向上のために常に組合員・利用者の立場で考え、誠実に行動します。また、私たちは組合員の「購買代理人」として、また利用者の「あなたらしさ」を支える伴走者として、組合員・利用者の立場で業務運営に当たります。

  2. 職員重視

    組合員・利用者の満足を創るのは私たち職員です。高い志をもってイキイキと働き続けるために、私たちは、県民せいきょうの理念・ビジョン・価値に共感し、常に問題意識を持って学び合うことを大切にします。また、お互いを一人の人間として尊重し、認め、感謝し合うことのできる職場風土を創り、人間力を高めます。

  3. 独自能力

    私たちは、事業所や業態の枠を超えたチームワークを活かして、組合員・利用者から喜ばれ、地域社会から感謝される商品・サービスの開発、提供にチャレンジします。

  4. 社会との調和

    私たちは、組合員・利用者や地域社会からの信頼を財産と考え、社会的責任においてリーダーシップを発揮するとともに、地域とのコミュニティづくりに積極的に関与し、より良い福井づくりに主体的に取り組みます。

  5. 事業の継続

    私たちは、組合員の財産を守り育てるために、常にコスト意識を持ち、事業(所)ごとの経営に責任を持ちます。また、常に社会倫理を重んじ、法令や行動(コンプライアンス)指針を遵守します。

内部統制基本方針

内部統制とは、組合員の生協経営に対する信頼をいっそう高めることを目的に、経営活動を健全で有効かつ効率的に機能させていくための仕組みです。
福井県民生活協同組合は、そのための基本方針を次の通り定め、内部統制システムの整備を進めていきます。

  1. 役職員が法令等を遵守して職務を行うための仕組みを整備します。
  2. 当生協に関わる情報を「見える化」し管理体制を整備します。
  3. 当生協がもつリスクを包括的に管理し、未然防止に努めるとともに緊急事態に備えます。
  4. 役員の職務が効率的に行われる仕組みを整備します。
  5. 当生協およびグループ会社の業務が適正に行われるための仕組みを整備します。
  6. 監事監査が有効に行われるための環境を整備します。