商品検査結果

県民せいきょうでは組合員のみなさまに安心して商品をご利用いただくために、コープの宅配の新規商品やハーツ店内加工商品を中心に品質確認のための微生物検査、産直農産品を中心とした残留農薬検査を実施し、取り扱い商品の安全確認を行っています。

9月の商品検査結果

検査数 主な検査商品
微生物検査 755品
  • ハーツ店内加工の惣菜・畜産・水産商品
  • コープの宅配の新規取り扱い商品 など
残留農薬検査 10品
  • 【産直】水稲玄米(ふくいレインボーファーム/福井県) など

放射能検査については、行政、取引先実施の検査結果にて安全を確認しました。
【検査項目】 セシウム134.137 
【検出限界値】各10ベクレル/Kg

以上の商品検査を実施し、取り扱い商品の安全確認を行いました。

微生物検査とは

微生物検査では、ハーツ店内の加工食品やコープの宅配で取り扱いの予定の商品が衛生的に製造された商品かどうか、その性質を確認する検査を行っています。検査で得られたデータをもとに食中毒などの事故の未然防止や衛生レベルなどの品質向上に努めています。

残留農薬検査とは

産直生産物を中心に245化合物の残留農薬検査を実施し、生産者が法律に定められた適切な農薬使用をしているか、農産物に残留する農薬基準を守っているのかを調べています。

放射能検査とは

国が定めた17都県の生鮮品を中心に、セシウム134、セシウム137について、ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる各種分析法にて検査を行っています。
(検出限界値:各10ベクレル/kg)