補聴器

補聴器で日々を楽しく

県民せいきょう介護事業所では、ご利用者の生活の質向上を第一に考え、
聞こえにお困りの方への補聴器の利用をオススメしています。
国産一流メーカーで安心してご利用いただけます!

販売に関してはリオネット補聴器専門店 福井県補聴器相談センターへ業務委託しています。

耳の聞こえが悪くなると…

こんな経験ないですか? 難聴になると生活が不便になり、危険もいっぱい!
人の話が聞きづらい!
テレビの音がうるさいと言われる!
話し声が非常に大きい!
後ろからの車に気付かない!

補聴器の種類

リオネット補聴器の特徴

banner-rionet

  • 電池交換が簡単で両面どちらにして挿入をしても作動可能
  • 耐汗コートで汗や湿気に強い
  • 防水機能に優れた商品もバリエーション豊か
  • 子ども向け補聴器も充実、軽量で様々な安心機能付き

詳しくはこちら(リオネット補聴器ホームページ)

せいきょうの特典等

  • 安心安全の国産メーカーの補聴器
  • アフターフォローの充実
  • せいきょうで補聴器ご購入の方には電池1シートと乾燥ケースをプレゼント

hotyouki-10

よくある質問

Q.高いものでないと聴こえないの?

A.値段での選定でなく、聴力測定の結果から本人さんに合った商品を提示させていただきます。
必要な機能・聴力を考えた上で、選定しますので必ずしも高いものが良いとは限りません。

Q.補聴器は両耳で使わないといけないの?

A.片耳での利用の方もいらっしゃいますが、おすすめは両耳での使用です。
人間の耳は両耳で360度の声や音を拾うことで聴こえに繋がっています。どちらかは良く聴こえてどちらかはあまり聴こえないとなると左右のバランスが崩れます。また、聴こえにくい方の耳の聞き取り能力が低下することで聴力も低下することが考えられます。

Q.まだ少しは聴こえるし、補聴器は早いと思うんだけど…

A.補聴器は聴こえに疑問をもった時に検討をすることをおすすめします。
耳で拾った声や音を拾い、脳で処理をすることで聴くに繋がっています。従って、聴こえにくい・聴きづらいということは脳への刺激も少なくなります。聞こえないことは家族とのコミュニケーションや社会との関わりが減るきっかけとなります。それによって家に閉じこもりがちになり、認知症の一因となってしまう場合もあります。
※厚生労働省の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)にも下記の記述がございます。
加齢、遺伝性のもの、高血圧、糖尿病、喫煙、頭部外傷、難聴等が認知症の危険因子、運動、食事、余暇活動、社会的参加、認知訓練、活発な精神活動等が認知症の防御因子とされている。

Q.他社の製品を使っているけど、聴こえにくくなった。どうしていいかわからない。

A.他社の製品の不具合についてもご相談ください。どういう状態なのか等確認した上で対応させていただきます。

Q.今使っている補聴器が合わなくなってきた…、昔買った補聴器があるけど使えるのかな…

A.聴こえや補聴器でのお困りごとは何でもご相談ください。他社の物に関しても対応させていただきます。聴こえの問題はそのままにしていると生活に支障が出てきます。あれ?と思ったら是非ご相談ください。

~リオネット・フィッティングポリシー~
私たちは、補聴器フィッティングの全ての段階において、
お客様に補聴器を使い続ける気持ちになっていただくことを最優先します。

お客様がご自身に合った補聴器と出会い、暮らしの中で使いこなせるようになるまで。
そのためのすべてが私たちの考える補聴器フィッティングです。