高齢期の住まい

単身または夫婦のみの高齢者世帯が増加するなか、「住み慣れた場所で暮らし続けたいが、今後の生活が心配…」という話を耳にすることがあります。身の回りのことに介助や介護が必要な度合いも住まい選びに関係しますが、費用の負担や入居条件も気になるところです。今回は、高齢期に利用できる主な住まいについて紹介します。

有料老人ホーム

サービス付高齢者向け住宅

認知症対応型共同生活介護

軽費老人ホーム・ケアハウス

軽費老人ホーム・A型

養護老人ホーム

施設によってサービス内容は大きく異なります。

2020年5月現在